マツオ

COMPANY

会社案内

会社案内

SDGsへの取り組み

オリジナル商品の開発

SDGsへの取り組み

01

就労支援継続支援事業、共同生活援助事業の実施

一般企業等への就労を目指す障害者に就労の機会を提供するとともに能力向上に為に必要な訓練を行っております。
就労支援継続支援事業、共同生活援助事業の実施
マツオの取り組み事例
  • オリジナル商品の作成の委託
  • ギフト商材の詰合せ作業等の委託
02

育児と仕事の両立をサポート

子育てしながら女性が働きやすい環境であるよう、育児と仕事の両立を支援する制度を設けております。
育児と仕事の両立をサポート
マツオの取り組み事例
  • 就学に合わせた勤務時間の調整が可能(始業時間、就業時間の調整が可能)
  • 男女性関わらず、学校行事等の休暇を推進
03

再生可能エネルギーで環境負荷の低減

持続可能なエネルギー(再生可能エネルギー)において、温室効果ガスを排出しない(増加させない)取り組みを行うことで地球温暖化の防止に努めております。
育児と仕事の両立をサポート
マツオの取り組み事例
  • 蛍光灯からLED照明への更新
  • 太陽光発電による二酸化炭素の排出の抑制に貢献

代表メッセージ

代表メッセージ

株式会社マツオは平成5年(1993年)に、冠婚葬祭用の菓子、果物のお供え物をご提案・納品させていただく卸売会社として創業いたしました。
後に、食品ギフトもご提案させていただき、富山県下全域と石川県のお得意先企業様にご用命賜っております。
近年、冠婚葬祭の縮小が続く中、企業として持続的な成長を目指すため、グループ会社コクア(仕出し 一凛)の設立や、全国のこだわり食品メーカーとのコラボレーションし、オリジナル商品の開発に着手、全世界のご家庭に届く食品メーカーとしてご提案もさせていただいております。

時代の変化に負けない経営
従業員重視の経営
常に変革する提案

  

この経営の三本柱を全従業員が共有して「常に選ばれる会社」を目指してまいります。
今後とも倍旧のご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます。

株式会社マツオ 代表取締役社長 小林 幸太
株式会社マツオ
代表取締役社長
小林 幸太

沿革

沿革

平成5年9月
増田正典(現・株式会社マツオ 会長)が、富山市上堀地内に、資本金300万円にて「有限会社マツオコーポレーション」を法人設立。 主に、冠婚葬祭用菓子の籠盛を作成し配達。
平成8年9月
事業拡張につき、富山市問屋町地内に本社事業所を移転。
平成13年7月
冠婚葬祭用ギフト品・贈答品ギフト品の取扱い開始。
平成15年9月
有限会社マツオコーポレーションを、株式会社マツオへ組織変更。
平成15年11月
富山市南央町地内に、本社事業所を移転(現、事業所)。
平成29年8月
株式会社コクアを富山市南央町地内に、設立。食品配送事業の開始。
平成30年11月
株式会社コクアの本社事業所を富山市赤田地内に移転。仕出し料理の製造、販売「一凛」を開始。
令和1年10月
代表取締役社長に、小林幸太 就任。
令和2年5月
食品の通信販売事業に本格参入。

会社概要

会社概要

会社名
株式会社マツオ
所在地
〒939-8232 富山県富山市南央町3-35
電話/FAX
076-428-8633 / 076-428-8636
設立
平成5年
資本金
1,600万円
従業員数
33名(2019年9月末時点)
ACCESS
〒939-8232 富山県富山市南央町3-35

お取引先一覧

お取引先一覧

北陸地区
アルビス株式会社|株式会社どんたく|株式会社ジャコム石川|株式会社ツルヤ|株式会社フレッシュ佐武
コープ北陸|世界のダイアモンド株式会社|株式会社米三
関東地区
株式会社ライフ|株式会社ヨークベニマル|株式会社東急ストア|株式会社京北スーパー
関西地区
大阪いずみ市民生協協同組合|コープこうべ 
全国地区
株式会社エース
会社案内
FOLLOW ME